はじめに

ヒーロー武器の実装に伴いアイテムモールでキナの集魂石(攻撃力、攻撃速度など)が手軽に購入が出来るようになった今、保存(レア、ユニーク、エンシェ)を使用しての3次、4次武器(場合によっては5次も)を製作したり露店で購入することは、以前にも増して明らかに費用の無駄使いですね。安易に製作が出来る中級武器を製作して、吸収(HP、MP)の精霊石(下級で十分)を作る為に〝植物採集〟と〝魔法道具〟の製作をすることをお勧めします(何故って、せいぜい月額500円程度で済むから!)。

では、何故、今の時期に一般的に3次武器素材集めであるクエストをするのかと言うと、それはゲーム性です。

今のオンラインゲームは〝戦闘〟という直球勝負でしか遊び空間を提供していないと思います(テニスで言えば、ドライブもなければスライスもない。ましてやボレーも!何も駆け引きするものが存在しない)

世の中には映画・動画、読み物(雑誌、小説、新聞)やファッションなど娯楽がいくらでもあります。何故、彼らはこういった昔からある洗練された物を擬似化してゲームに導入しようとしないのかが私には全く理解しかねます。

そんな中、オンラインゲームが唯一導入した物語ベースのクエスト。日本人の特徴として“ある目標を与えられると、その人はそれを遂行する為に能力を尽くして完遂させる”というものがあります。この習性がたぶんクエストというものの発想だったのではないでしょうか。

ですが、ユーザーはこれを受け入れなかった。

何故?

それはオンラインゲームがゲーム自体、他のユーザーとの差別化の目的としてルール化した〝馬鹿でも分かるレベル〟というものを上げる妨げでしかなかったから。レベルって分かりやすいでしょ?-そして・・・決して、自分自身が強くなるでも、賢くなるでも、偉くなるでもないもの-

残念ながら、クエストというストーリーも〝状況説明〟程度のものでしかなく、結局は〝狩り〟という戦闘でしかないことが非常に残念で仕方ないです。

何故、そんなに何時までも人々を戦わせ続けたいの?

そこで、私はプレイをする楽しみ(意味)の考え方を変えました。“ブログを作り、自分なりの考えで、ロハンという題材を表現してみよう”と。そうして出来たのが去年の初夏に開設したここ〝佳穂の歩み♪-日記〟です。

From 佳穂


第1章 サイドストーリー第1章

Lv90からの探偵クエスト【未完】-ダック君に会えなくて※ツイッターの方でプレッシャー掛けちゃった(〃∇〃)・・・。もう直ったのかな?公式のアップデート情報には載っていましたけど、ログインしてないので-以来のクエストでした。

2話の報酬で1日限定のクルーガーが貰えたので、取りあえず、3話に向かう途中の橋の辺りでSSをパチッ♪/■\_・)。
それと各話毎に話しかけた時のSSもパチッ♪/■\_・)。
これで役者は揃った!
画像編集ソフトを立ち上げてレイヤーを6枚。
各々のレイヤーでハサミでカットして向きを変えたり、他所で拡大したり、縮小したりして持ってきて重ね合わせてレイアウト完了。

レイヤーというこの技術は本来、どの分野から出てきたのでしょうね?
印刷や絵画では一色一色、色付けしていく技法とかよくやることですけど・・・。
〝意味のあるものを形成すること〟と考えるのなら、コンピュータも同類ですよね!?
だって、電気のonとoffの繰り返し(重ね合わせ)でしかないですもの。
世の中、別物と普段は区別しているものでも突き詰めて考えると実は同じことって多いですよ。


それから背景があると人物が引き立たないので少し手を加え、文字入れして一発、ロハッシュ(※ロハンというキーワードで検索に引っ掛かるようにする私的な言葉)ってみる!



よし!絵は準備が出来たので前回の 『カマキリ・クエ』 同様にと思った時に・・・
私の頭の中で〝キィキィキィーーッ!〟とタイヤの樹脂とアスファルトの道が激しく摩擦を引き起こして白煙を上げて止まる車のごとくストップが掛かった。
「縦長すぎて見難い・・・もっとコンパクトにしたい!」
2段組で形成しているこのブログを更に横に分割させるのはCSSやHTMLに手を加えないと駄目(※Tableタグを使えば別だけど)だし、記事にもタグをと面倒><;である。
そこで、頭を過ぎった〝パンフレット(チラシ、新聞広告)〟という伝達手段(古くは瓦版?)!
「1枚画像で済むなら、ブログの出番は無いな」ということで、更にロハッシュ。



第2章 サイドストーリー第2章

実は私、第2章のクエを進めてる時は表示される文章を読んでいなかった。
8話まで終わって、今度のレイアウトはどうしようかと考えると、前回は四角、四角とブロックにしたから、今回は散らしてみたくなった。
そして、完成したレイアウトはストーリーの主人公達の町、カイノンにそっくりな形になった。

まあ♪私ったら、神懸かり的なパワーを感じるわ!
これって内容も知らないで、ズバリ言い当てたようなものよね。
私、凄い!(※自己陶酔)


集めたSSを読むと、年の離れた友達と書かれていて、ここでも・・・

「あら、私も丁度年の離れたプリと自演してたのよ。
奇遇だわ。
きっと、私には神から授かった霊的な能力があるのよ」(※何のこっちゃ?)


本当は1章より主観的な表現に変化させてみるのも面白いかなと中央の絵に“友情”を表す会話を入れようかと思ったけど、文字を入れた段階で空きスペースが無くなってしまったのでボツ!!


一読すると嫌味っぽくとれる公式HPの賞賛だけど、実は本心であって、デザインした方の発想は凄く良いと思った。
頑なに閉ざされていた4枚の石調部分をクリックすると開閉して、如何にも窓や扉を開けるが如く、解放されたイメージが伝わって来る。ひとつ残念だったのが、内側にもスクロールバーが表示されていて、広い空間に飛び出したのではなく、狭い室内に入ってしまい(或いは出窓を開いた程度)、私の中のイメージ【解放≒開放】と相違がありました。但し、IDを意識してのことだとしたら・・・より強くなった自身が仲間達と伴に、閉ざされていた更なる上級ID(※ダンジョンの語源は確か牢獄だったかな?狭い空間)のステージへと純白のオーラを纏い-四隅の光り輝くエネルギーの塊(武器?)を手に取り-勇ましく歩んで行く英雄の姿が想像出来て・・・正にその通りですね。

『HEROⅡアップデート 第四弾 -Liberation- 』

ところで、“開放”は誤字であり、正しくは“解放”である!(/∇≦\)アチャ-!!


第3章 サイドストーリー第3章

これの完成間近にツイッターで流れる〝ヤマト〟のキーワード。
何だろうと思い、気紛れに〝ヤマト2199〟なるPVを見てみた。
“綺麗な声の女性が何やらメッセージを送っている”
それを見た私の脳裏にふと湧いた〝演じてみたい〟という気持ち・・・。
そして・・・
【原文(聞き読み)】
私はイスカンダルのスターシャ。
貴方方の地球は、今まさに、ガミラスの手で滅亡の淵に立たされています。
私達の星には汚染を浄化し、惑星を再生させることが出来るシステムがあります。
私は貴方達が未知の苦難を克服し、このイスカンダルへ来ることを信じています。
私はイスカンダルのスターシャ・・・。




これが私のロハンでソロだった時の 遊び方 よ☆~(ゝ。∂)

そして・・・世のゲームクリエイターを自称する方々 貴方方は一体何の夢を見ていると言うの?
(※次回はその真相に迫る?)


雪国の想いで(2)

中級IDボス戦【自演】

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿




trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。